2015年05月27日

鏡の反射で

こんにちは。
神谷三郎です。

毎年ベランダで野菜の栽培にチャレンジしています。
日当たりがよくないので、収穫できたことがありません。
それでもめげずに今年も苗を植えました。
トマト、枝豆、ズッキーニ、バジル、ひょうたん、唐辛子、
全部で6種類の栽培に挑戦です。
しかし毎年同じ育て方をしていては、また野菜が枯れるところを見届けなければなりません。
何か工夫をしなくてはということで、
ベランダにお日様を無理矢理引っ張ってくることにしました。
鏡で反射させる作戦です。
この作戦、映画からヒントを得ました。
映画には、窓のないアパートの一室で部屋いっぱいの植物を栽培するお婆さんが登場します。
お婆さんは、何枚もの鏡を使って、太陽の光を部屋の中まで反射させていました。
映画の話なので、実際にできるかどうかはわかりません。
しかし、案ずる前にやってみよう、ということでやってみました。
image.jpg

image.jpg
意外なことに、大成功。
アルミ板を手すりにくっつけてあります。
正午の太陽を引き込むことができました。
日照時間は30分程度なんですが、
そんなもんでも栄養になるらしく、
ひょうたんは今、ぼくの背丈を追い越すほど成長しています。
今年こそ収穫できますように。

小さな葉っぱのひとつひとつが光合成をしています。
どんなに大きな工場を建設しても、人間が光合成を再現することはまだできないと、えらい先生がラジオで話していました。

鏡で反射作戦の元ネタ映画は、
「ぼくを探しに」
というタイトルです。
ベルヴィルランデブーを撮ったシルヴァン・ショメ監督作品です。
同じタイトルの有名な絵本があります。
作者はシェル・シルヴァスタインというアメリカ人です。
シルヴァン・ショメとシェル・シルヴァスタイン、
偶然、名前が似ていますね。
シルヴァスタインの絵、単純な線画でかわいらし〜いのですが、
かわいらし〜いイラストからは想像しにくい魅力的な風貌の持ち主です。
ぜひ、画像検索してみてください。





posted by イラストレーション領域研究室 at 09:14| 日々の出来事

2015年05月24日

顔に見えすぎ

こんにちは。
神谷三郎です。
「顔に見えるシリーズ」

自転車につける子供用シートは顔に見えやすいものが多いです。
しかし、こんなにたくさんの顔が含まれている自転車のシートは見たことがありません。
今後これを超えるものに出会える気がしません。
ぜひ、逆さまの状態でも見てみてください。

image.jpg
posted by イラストレーション領域研究室 at 09:02| 日々の出来事

2015年05月18日

切符を食べるキャラクターが

こんにちは。
神谷三郎です。

「顔に見えるシリーズ」
JRの改札で切符を食べるキャラクターを発見しました。
image.jpg
切符をたくさん食べるために口がしゃくれているのかもしれません。
posted by イラストレーション領域研究室 at 12:26| 日々の出来事

2015年05月15日

早起き堀くん

こんにちは。
神谷三郎です。

新年度がスタートして1ヶ月経ちました。みなさん新生活に少しは慣れましたか?
今日のブログは、みなさんと同じく新生活をスタートした、新しい助手の堀俊和くんのお話です。

堀くんはみなさんの先輩で、卒業後はフリーランスのイラストレーターを志して、アルバイトをしながら作品制作に取り組んできました。
活動スタイルは、個展やグループ展、イベントへの出品です。
去年は年間に15回の発表をしたんだそうです。単純な割り算をすると1ヶ月に1回以上の作品発表をしていたことになります。
食事睡眠アルバイトの時間以外はほとんど制作、という毎日だったそうです。

そんな堀くんの新生活、今はどんなペースで作品制作に取り組んでいるのでしょうか。インタビューしてみました。

Q.助手の仕事に費やしている時間は?
A.通勤時間を入れて11時間くらい

Q.仕事のある日どれくらい制作する?
A.平均5〜6時間

Q.そんなに長い時間いつ制作するの?
A.朝起きてすぐ。3時に起きて9時に出かけるまでの間。帰宅後も制作する

3時起床が目標、寝坊して4時や5時になることもあるそうです。
以前は夜型だった堀くんですが、朝型に変えてからは、はるかに制作に集中できるようになったそうです。

今年もすでに3カ所で作品発表をしており、5月は心斎橋大丸で作品発表を控えています。

卒業後、独り猛烈なペースで絵を描き続けていた堀くん。そのことがもう常態化しているらしく、淡々と答えてくれました。

ぼくは襟を正しました!








posted by イラストレーション領域研究室 at 09:53| 日々の出来事