2015年05月15日

早起き堀くん

こんにちは。
神谷三郎です。

新年度がスタートして1ヶ月経ちました。みなさん新生活に少しは慣れましたか?
今日のブログは、みなさんと同じく新生活をスタートした、新しい助手の堀俊和くんのお話です。

堀くんはみなさんの先輩で、卒業後はフリーランスのイラストレーターを志して、アルバイトをしながら作品制作に取り組んできました。
活動スタイルは、個展やグループ展、イベントへの出品です。
去年は年間に15回の発表をしたんだそうです。単純な割り算をすると1ヶ月に1回以上の作品発表をしていたことになります。
食事睡眠アルバイトの時間以外はほとんど制作、という毎日だったそうです。

そんな堀くんの新生活、今はどんなペースで作品制作に取り組んでいるのでしょうか。インタビューしてみました。

Q.助手の仕事に費やしている時間は?
A.通勤時間を入れて11時間くらい

Q.仕事のある日どれくらい制作する?
A.平均5〜6時間

Q.そんなに長い時間いつ制作するの?
A.朝起きてすぐ。3時に起きて9時に出かけるまでの間。帰宅後も制作する

3時起床が目標、寝坊して4時や5時になることもあるそうです。
以前は夜型だった堀くんですが、朝型に変えてからは、はるかに制作に集中できるようになったそうです。

今年もすでに3カ所で作品発表をしており、5月は心斎橋大丸で作品発表を控えています。

卒業後、独り猛烈なペースで絵を描き続けていた堀くん。そのことがもう常態化しているらしく、淡々と答えてくれました。

ぼくは襟を正しました!








posted by イラストレーション領域研究室 at 09:53| 日々の出来事